財務体質の改善(債務超過の解消)

グループ会社の合併により期待できる効果を教えてください。

グループ会社の合併により期待できる効果については、次の通りです。

1.会社経営上のメリット
 会社経営上のメリットは、次のようなことです。
・企業規模及び業界シェアの拡大
・グループ全体の財務体質の改善(債務超過の解消)
・事業の統合による経営効率の上昇
・重複経費の削減による利益改善
・グループ会社間の債権債務の解消
 なお、合併に当たり、社員の給与体系・評価基準、各事業部の役割等について、合併後の経営管理の統一化という観点から、事前の準備が必要となります。

2.株式評価上のメリット
 (1)会社規模の拡大による類似業種比準価額の採用
  株式評価上の会社規模の判定基準とされる「総資産価額」・「従業員数」・「取引金額」の各々が、合併により上昇するのを期待することができます。それゆえ、一般的には純資産価額よりも低いとされる類似業種比準価額を採用することが期待できます。なお、純資産価額が類似業種比準価額より低い場合は、純資産価額を採用することが可能です。
  ただし、合併の前後に会社実態に変化があれば、類似業種比準価額を採用できない恐れもありますから、合併直後の株式の移転には留意しましょう。

 (2)業績不振会社や債務超過会社の吸収による利益の相殺又は純資産の減少
  たとえ利益が上がらず業績不振の会社であっても、その後の事業計画上、整理できないのであれば合併する場合があります。この場合は、吸収される会社の利益と合併する会社の利益(所得)が相殺されることから、結果として評価が低くなる可能性があります。
  また、債務超過会社を吸収する場合にも、同じく、合併により両社の純資産額が相殺されますので、株式の評価減を期待することができます。

関連記事

  1. 特定資産の買い換えを行った時の圧縮記帳は、どのような資産に適用が…
  2. 2009年・2010年に先行取得を行った土地に対する圧縮記帳はど…
  3. 繰越税額控除の限度超過額などなどの繰越控除について教えて下さい。…
2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 繰越税額控除の限度超過額などなどの繰越控除について教えて下さい。
  2. 2009年・2010年に先行取得を行った土地に対する圧縮記帳はどのように行えればいいのでしょうか。
  3. 2001年9月30日以前に取た上場株式などの取得の費用に対して設置されている特例について教えて下さい。
PAGE TOP